MicroStation CONNECT Edition Help

全般アキュスナップ設定値

このグループの設定値を使って、アキュスナップの有効化/無効化や、アキュスナップの全般的な動作モードの定義を行うことができます。既定では「スナップのヒントを表示」と「スナップアイコンを表示」が有効になっています。「スナップのヒントを表示」はスナップ点の、「アイコンを表示」は現在のスナップモードの、視覚的なフィードバックを行います。「スナップのヒントを表示」を有効にすると、ポインタがスナップ点に近接していない状態でも最も近いスナップ点が視覚的に示されるため、非常に便利です。

スナップのヒントを表示 - 「スナップのヒントを表示」がオン(既定)、スナップモードが「キーポイント」または「中点」に設定されている場合、要素の上にポインタを移動すると、ポインタがキーポイントのスナップ許容差の外にあるときには最も近いスナップ点が検出されて十字線で示され、ポインタがキーポイントのスナップ許容差内にあるときにはスナップ点を示す太線の"×"が表示されます。この時点でデータ点を入力すると、スナップ点の位置にデータ点が置かれます。

十字線が付いたスナップのヒント

スナップアイコンを表示 - オンの場合、スナップのヒントを表す十字線やスナップ点を表す×印の横に現在のスナップモードのアイコンが表示されます。

スナップのヒントとスナップ点に表示されたスナップアイコン

アクティブな要素をハイライト - オンの場合、アキュスナップにより要素が特定されると要素がハイライト表示され、スナップのヒントが表示されます。オフの場合、アクティブな要素はスナップ点が表示されたときにだけハイライト表示されます。多角形の場合、要素全体ではなく、スナップのヒントが表示されている特定のセグメントがハイライト表示されます。

ハイライト表示されているアクティブな要素

「全般」のすべての設定値については、「アキュスナップ設定値ダイアログボックスの全般タブ」を参照してください。