MicroStation CONNECT Edition Help

アキュドローを使って長方形座標を入力するには

  1. 最初のデータ点を入力します。

    動的な線分を移動するにつれて、X軸とY軸のどちらがポインタに最も近いかによって、キー入力フォーカスが「X」または「Y」フィールドに位置を変えます(円形コンパスが表示されている場合、<M>キーを押すと「長方形」座標に切り替わります)。

  2. フォーカスが「X」フィールドにある場合、適切なX値を入力します。自動的にこの値がロックされ、「X」フィールドの横にそれを示すチェックマークが表示されます。


    X軸方向の正確な距離をキー入力します。

    アキュドローを使用して、X軸またはY軸に沿った距離の正確な値を入力

  3. ポインタをY軸方向に動かします。動的に表示される破線は、X軸でロックされている条件を表します。

    フォーカスがY軸に移動するために必要なポインタの移動距離は、指定した要素に関連付けられている「指定点の許容差」と同じです。これは「アキュドロー設定値」ダイアログボックスの「座標値」タブで選択できます。

  4. 目的のYの値を入力します。

    新規要素の終点の設定に従って、コンパスのX軸とY軸から終点まで一定の破線が表示されます。

  5. データ点を入力して位置を承認します。

    この点を承認しない場合は、<Enter>キーを押して軸のロックを解除し、ポインタを自由に動く状態に戻します。