MicroStation CONNECT Edition Help

3次元の固定拘束を適用するには

  1. 「3次元の固定拘束」ツール(「作図」 > 「拘束」 > 「3次元」 )を選択します。


  2. 3次元要素を選択します(ソリッドまたはサーフェス)。
  3. 次の1つを行います。

    データ点を入力して選択した要素を固定します。

    注記: パーツは他のパーツに対して相対的に固定されます。この段階でも固定されたパーツを操作できます。

    または

    拘束する3次元要素の面、エッジ、軸、または頂点を選択します(面(またはエンティティ)が別の面(またはエンティティ)の背面にある場合は、目的の対象が選択されるまでリセットします)。

  4. データ点を入力して承認します。

    固定された要素: 操作できません

    固定された面: 要素は、面によって固定されている平面上でのみ変換できます。回転はできません

    固定されたエッジ: 要素は、エッジの長さに平行な平面上でのみ変換できます。軸としてのエッジに沿ってのみ回転できます

    固定された頂点: 要素は、固定された頂点を中心にあらゆる方向に回転できます。並進操作は許可されません

    左: 円筒中心の軸上の3次元の固定拘束|右: 適用されたフィレットフィーチャの軸上の3次元の固定拘束

    固定された軸: 要素は、軸の長さに平行な平面上でのみ変換できます。軸に沿ってのみ回転できます