MicroStation CONNECT Edition Help

スナップ点

スナップ」は、次のような目的に使われる図形入力の方法です。

  • 次のデータ点の位置をプレビューします。スナップの位置を承認するとデータ点がそこに入力されます。
  • 次のデータ点を入力するための参照点を定義します。

また、既存の要素にスナップする(要素の上に直接配置する)こともできます。スナップは、既存の要素に結合する、あるいは既存の要素に精密に関連付けられる新しい要素を正確に作図する際に役立ちます。

たとえば、スナップを使用して次のような作業を行うことができます。

  • 既存の要素の正確な終点から別の要素の中点に線分を配置します。
  • 別の線分に垂直または平行な線分を配置します。
  • 弧またはB-スプライン曲線に接した円を配置します。
  • 多角形の重心にセルを配置します。
ヒント: 特に複雑なモデルを操作している場合は、別の要素と重なっている要素上の点にスナップしようとすると、うまく操作できない場合があります。この場合は、重なっていて見えずらい要素をビュー表示の"最前面"に移動すると、簡単に操作することができます。要素が別の要素と重なっていなければ、その要素は最前面にあります。重なっている要素を最前面に移動するには、要素を選択して、「作図」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「最前面へ」の順に選択します。