MicroStation CONNECT Edition Help

デザインデータの再投影

MicroStationでは、デザインデータを1つの地理座標系から別の地理座標系に再投影できます。新しいGCSを選択し、確認用のダイアログボックスで再投影オプションを選択した場合、そのGCSをいったんモデルに割り当てると、そのモデル内のデータを再投影前の状態に戻すことはできません。地理座標系の再投影オプションがオンの状態でアタッチされた参照がロードされた場合、参照先のモデルのデータは一時的に再投影されますが、ファイルには書き込まれません。

地理座標系を再投影する場合は、GCS間の再投影の対象になる点ごとに、次に示す処理が行われます。投影元のGCSまたは投影先のGCSに何も投影されていない場合は、次のどの処理も行う必要はありません。これは、デカルト座標の実際の値が、現実の線形の値ではなく、緯度/経度になるためです。

  1. 必要に応じて、モデルの座標は、そのモデルの線形単位から、投影元のGCSの線形単位に従ったデカルト座標に変換されます。
  2. デカルト座標は、投影元のGCSデータムに従って経度、緯度、および高度に変換されます。
  3. 投影元のGCSのデータムと投影先のGCSのデータムが違う場合には、データムシフト計算が実行されて、投影先のGCSのデータムに従った経度、緯度、および高度が求められます。
  4. 経度、緯度、および高度は、投影先のGCSの線形単位に従ったデカルト座標に変換されます。
  5. 必要に応じて、投影先のGCSの単位に従ったデカルト座標は、モデルの線形単位に変換されます。

再投影アルゴリズムは、連続線分、線分、B-スプライン、連続点など、個別の点で構成される要素の点ごとに実行されます。他の要素タイプの場合、さまざあな再投影の処理方法が使用されます。また、再投影設定の内容を処理に反映させることができます。

参照の再投影とアクティブなモデル用には、個別の再投影設定が用意されています。参照の再投影は参照のロード時に毎回実行されるので、アクティブなモデルを再投影するときの設定とは別に、違うGCSを選択する場合でも内容をほとんど変える必要のない設定を選択できるようにしておく方が理にかなっています。