MicroStation CONNECT Edition Help

「補助座標系」ツールボックス

「補助座標系」ツールボックスのツールは、補助座標系(ACS)を定義したり操作するために使用します。補助座標系とは、MicroStationで定義することのできる座標系で、デザイン平面(ワールド)およびビュー座標系とは異なります。補助座標系の使用法の一般情報については、「3次元の補助座標系」を参照してください。



1つの2次元デザインや3次元デザインでは、1つの補助座標系をいつでもアクティブにすることができます。補助座標系は2次元でも使用できますが、3次元デザインで使用するととても便利です。

注記: 既定では、ツールボックス内の一部のツールは表示されません。すべてのツールを表示するには、ツールボックスを右クリックして、メニューから「すべてを表示」を選択します。
操作 「補助座標系」ツールボックスで選択するツール
「補助座標」ダイアログボックスを開きます。


補助座標
サーフェス、ソリッド面、およびメッシュファセットを含む、2次元要素や3次元要素で補助座標系を定義します。


補助座標系:要素で定義
データ点を入力して、補助座標系を定義します。


補助座標系を点で定義
補助座標系を各ビューに割り当てます。


補助座標系をビューで定義
(参照で定義された)補助座標系を定義します。


補助座標系を参照で定義
アクティブな補助座標系の回転


補助座標系を回転
アクティブな補助座標系の原点を移動します。


補助座標系を移動
選択したビューまたはすべてのビューに補助座標系を適用します。


選択したビューに補助座標系を適用
アクティブな補助座標系として参照ファイルの補助座標系を指定します。


補助座標系を選択
キー入力: DIALOG TOOLBOX ACS [ OFF | ON | TOGGLE ]