MicroStation CONNECT Edition Help

ペンテーブルセクションの要素の選択基準を設定するには

  1. 必要に応じて、「ペンテーブルを修正」ダイアログボックスで「要素の選択基準」タブをクリックします。
  2. (オプション) このセクションの設定を処理時に使用しない場合、「セクションを無効にする」チェックボックスをオンにします。
  3. (オプション) 「基準としてセクション名を使用」チェックボックス(「要素の選択基準」タブ)をオンにできるのは、ファイルがDWGファイルの場合、またはCTB/STBファイルをインポートした場合です。
  4. 「タイプ」リストボックスで、要素のタイプを選択します。連続していない複数のタイプを選択するには、<Ctrl>キーを押しながらクリックして複数のタイプを選択します。連続している複数のタイプを選択するには、<Shift>キーを押しながらクリックしてタイプの範囲を選択します。


  5. 「ファイル」 ボタンをクリックして、処理するファイルを指定します。
  6. 次の1つを行います。

    「幅」フィールドに、線幅の値を入力します。

    または

    「幅」ボタンをクリックして、線幅値を設定する「線幅選択」ダイアログボックスでコントロールを使用します。

  7. 次の1つを行います。

    「画層」フィールドに、画層番号をキー入力します。

    または

    「画層」ボタンをクリックし、「画層選択」ダイアログボックスのコントロールを使用して、画層番号を設定します。

  8. 次の1つを行います。

    「色」のフィールドで、色の番号をキー入力します。

    または

    「色」ボタンをクリックし、「色選択」ダイアログボックスのコントロールを使用して、色を設定します。

  9. 次の1つを行います。

    「塗り潰しの色」フィールドに、塗り潰しの色の番号を入力します。

    または

    「塗り潰しの色」ボタンをクリックし、「色選択」ダイアログボックスのコントロールを使用して、塗り潰しの色を設定します。

  10. 「線種」 ボタンをクリックし、「線種を選択」ダイアログボックスのコントロールを使用して線種を選択します。
  11. 「作図」リストボックスで、作図方法を選択します。
  12. 「MSLink」フィールドに mslink列 の値を入力します。
  13. 「エンティティ」フィールドで、エンティティの番号をキー入力します。