MicroStation CONNECT Edition Help

「ファイルからXMLデータをインポート」ダイアログボックス

テンプレート、カスタムツールボックス、カスタムツール、タスク、およびカスタムメニューを作成するためにXMLファイルからインポートするデータのタイプを選択します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「要素テンプレート」ダイアログボックス:「ファイル」 > 「インポート」 > 「XMLファイルから」
  • 「カスタマイズ」ダイアログボックス:「ファイル」 > 「インポート」 > 「XMLファイルから」


キー入力: CUSTOMIZE IMPORT DATATREEXML
設定説明
インポートするファイル にインポートするXMLファイルの場所とファイル名を示します。既定は、開いているDGNファイルの場所です。他の場所を参照するには、このフィールドの右の「参照」アイコンをクリックし、「XMLインポートファイルを定義」ダイアログボックスを開きます。
処理するデータタイプ XMLファイルからインポートするデータのタイプを選択できます。1つまたは複数のデータタイプを選択できます。
  • 要素テンプレート - 「要素テンプレート」ダイアログボックスから開くと、既定でこのデータタイプが選択されます。
  • 名前付きツールボックスとツール - 「カスタマイズ」ダイアログボックスから開くと、既定でこのデータタイプが選択されます。
  • タスク - 「カスタマイズ」ダイアログボックスから開くと、既定でこのデータタイプが選択されます。
  • メインタスク - 「カスタマイズ」ダイアログボックスから開くと、既定でこのデータタイプが選択されます。
  • メインメニューのカスタマイズ - 「カスタマイズ」ダイアログボックスから開くと、既定でこのデータタイプが選択されます。
  • コンテキストメニュー - 「カスタマイズ」ダイアログボックスから開くと、既定でこのデータタイプが選択されます。
  • 詳細記号のスタイル