MicroStation CONNECT Edition Help

構成ファイルを使用して機能を有効または無効にするには

  1. テキストエディタを使用して、workmode.cfgファイルの内容を別の構成ファイル(..\Configuration\Organization\standards.cfgなど)にコピーします。
  2. 設定ファイルで機能を有効または無効にするために、次のシンタックスを使用する行を追加します。<作業モード変数> <演算子> <前記号> <機能名>

    たとえば、すべての作業モードで画層の作成を可能にする場合は、「_USTN_CAPABILITY < + CAPABILITY_LEVELS_CREATE」とキー入力します。

    DWG作業モードで画層の注記を入力できないようにするには、「_USTN_CAPABILITY_DWG < – CAPABILITY_LEVEL_DESCRIPTION」とキー入力します。