MicroStation CONNECT Edition Help

ソリッドの面上にエッジを要素を押印するには

  1. 「押印」ツール(「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「フィーチャ」)を選択します。

  2. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    押印の対象 選択
    線図形
    長方形
    要素
    エッジのオフセット
  3. 上記で選択した内容に応じて、次のいずれかの操作を行います。

    線図形を押印するには

    1. ソリッドを選択します。

      ソリッドがハイライト表示されます。

    2. (オプション)「エッジからエッジへ」をオンにします。
    3. (オプション)「要素を閉じる」をクリックして、最初の点と最後の点の間にある線図形を閉じます。
    4. ソリッドの面を選択します。
    5. 選択した面上にデータ点を入力して、線分の最初の点を定義します。

      アキュドローコンパスは自動的に再方位設定され、選択した面にと同一平面上になります。

    6. 2番目のデータ点を入力して、線分の2番目の点を定義します。より複雑な線図形を作成するには、必要に応じてさらに点を追加します。
      注記: 必要に応じて、線分が延長され、既存の面のエッジと交差します。

    左: ソリッドの面上に線図形を押印します。|右: 「ソリッドエンティティを修正」ツールを使用し、配置したエッジ(線図形)と(その結果)新しく作成された面を修正します。

    または

    円を押印するには

    1. ソリッドを選択します。

      ソリッドがハイライト表示されます。

    2. ソリッドの面を選択します。
    3. 選択した面上にデータ点を入力して、円の中心を定義します。

      アキュドローコンパスは自動的に再方位設定され、選択した面にと同一平面上になります。

    4. 2番目のデータ点を入力して、円の点を定義します。

      円、または、面に収まる円の一部が、ソリッドの面上に描画されます。



    または

    長方形を押印するには

    1. ソリッドを選択します。

      ソリッドがハイライト表示されます。

    2. ソリッドの面を選択します。
    3. 選択した面上にデータ点を入力して、円の最初の点を定義します。

      アキュドローコンパスは自動的に再方位設定され、選択した面にと同一平面上になります。

    4. 2つ目のデータ点を入力して、長方形の対角点を定義します。


    または

    既存の要素を押印するには

    1. 対象のソリッドを選択します。

      ソリッドがハイライト表示されます。

    2. 押印する要素を選択します。
    3. データ点を入力して、面上に要素を押印します。

    左: ソリッドの面上に要素を押印します。|右: 「ソリッドエンティティを修正」ツールを使用し、作成された面を修正します。

    または

    エッジのオフセットを押印するには

    1. ソリッドを選択します。

      ソリッドがハイライト表示されます。

    2. 「エッジ」「ループ」の間にある「方法」を選択します。
    3. ソリッドの面を選択します。
    4. 「方法」「エッジ」に設定されている場合は、対象のエッジを選択します。
    5. (オプション)「距離」をオンにして、必要な値を入力するか、「変数リンク」を使用して、「変数」ダイアログボックスで使用可能な変数から選択して設定することで、エッジからのオフセット距離を設定します。
    6. 「モード」「オリジナル」または「丸み」から選択します。
    7. 選択した面のオフセットの位置を特定し、データ点をクリックして承認します。
    注記: ソリッドの外にオフセットエッジを描画することはできません。

    左: ソリッドの面上にオフセットを押印します。「方法」を「ループ」、「モード」を「丸み」に設定|右: 「方法」を「ループ」、「モード」を「オリジナル」に設定