MicroStation CONNECT Edition Help

「スケジューラ」ダイアログボックス

画像の処理にシステムを使用できる時刻をスケジュールします。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 処理コントローラトレイアイコン:右クリックして、「スケジューラを開く」を選択します


設定説明
構成を更新


「構成を更新」アイコンをクリックすると、「構成設定」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスには、共有ディレクトリ、グループ、およびユーザー情報のコントロールが用意されています。
MSProcessorを開始


スケジュールに関係なく、プロセッサを使用できる状態にします。
MSProcessorを停止


スケジュールに関係なく、プロセッサを使用できない状態にします。
スケジュールを再開


プロセッサを設定済みのスケジュールに従って実行させます。
使用するMSProcessorの数 ジョブの処理に使用するプロセッサ数を制御します。上限は、そのコンピュータのプロセッサ数です。ジョブの処理中にシステムが望ましくない動作をする場合は、使用するプロセッサ数を減らします。

Luxologyレンダリングはマルチスレッドであるため、レンダリングジョブによってコンピュータで利用可能なすべてのプロセッサが消費されます。ほかのレンダリングモードとは異なり、MicroStationの1つのセッションだけがLuxology分散レンダリングジョブで開始されるため、すべてのプロセッサをアクティブにすることで性能で不利益が生じることはありません。

日付/時刻のグリッド グリッドの内側をクリックしてドラッグすると、そのコンピュータのプロセッサを稼動させない時刻を設定できます。不連続のセクションを選択するには、<Ctrl>キーを押しながら各セクションをクリックします。<Ctrl>キーを押しながらハイライト表示されている領域をクリックすると、ハイライト表示が解除されます。
使用不可/使用可能 プロセッサが使用可能かどうかが表示されます。