MicroStation CONNECT Edition Help

3次元での枠の使用

3次元ファイルに枠を配置すると、その枠は配置されたビューに平行な平面になります。枠は、枠の領域とビューの「表示奥行き」を境界とする3次元領域を囲みます。つまり、ビューのZ軸に沿って枠をビューの3次元領域の前から後ろに移動させることで囲まれる3次元領域です。

要素が枠の境界内に完全に含まれている場合でも、その要素がビューの前方または後方切り取り領域と交差している場合には枠を横切っているとみなされ、「範囲」が「内側(切り取り)」に設定されている場合は切り取られます。

これは、特に3次元セルを作成するときに重要です。

多角形やソリッドなどの要素が枠によってどのように切り取られるかは、選択事項 「最適化された枠クリップ」 の使用によって変わります。

注記: 文字は切り取れません。
注記: 枠に関する基本的な情報については、「枠を使用した要素の操作と修正」を参照してください。