MicroStation CONNECT Edition Help

「アタッチ」タブ

注記: 目的の「アタッチ」グループに"ジャンプ"するリンクを選択します。

参照

  • 参照をアタッチ
  • 「参照をアタッチ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、1つ以上のモデルをアクティブなモデルにアタッチします。
  • 参照を鏡映
  • 水平軸または垂直軸を基準として参照を鏡映するために使用します。
  • 参照をコピー/投影
  • 選択した参照をコピーし、参照のビューを直交軸、または2点で定義された線分を中心に折りたたんでアタッチします。
  • 参照
  • 参照先モデルのアタッチとデタッチ、参照設定値の調整、参照ツールの選択を行うために使用します。
 

ラスター

  • アタッチ
  • ラスター参照をDGNファイルにアタッチするために使用します。
  • 最前面へ
  • ビュー内の並列表示において、ラスター画像を前方に移動するために使用します。
  • 最背面へ
  • ビュー内の並列表示において、ラスター画像を後方に移動するときに使用します。
  • ビュー内で最大化
  • ビュー内で1つまたは複数のラスター画像を最大化するために使用します。
  • 実際解像度(1:1)
  • 実際解像度(1:1)で表示するように、ビュー内でラスター画像を最大化するために使用します。
  • コントラスト/明るさ
  • 実際解像度(1:1)で表示するように、ビュー内でラスター画像を最大化するために使用します。
  • 変換
  • ラスターの移動、拡大縮小、または回転を行うために使用します。
  • 移動
  • 新しい位置に画像を移動するために使用します。
  • 尺度
  • 画像の寸法を比例して変更するために使用します。
  • 回転
  • 画像を回転するために使用します。
  • 鏡映
  • 選択されたラスター画像を、水平、垂直、対角に鏡映するために使用します。
  • 切り取り
  • ラスター画像を切り取る(枠外切り取り)ため、またはマスク領域を定義する(切り取りマスク)ために使用します。
  • 切り取り解除
  • ラスター画像から切り取り多角形(複数可)を除外するために使用します。
  • 変形
  • 「移動」、「尺度」、「回転」、「歪み」の各オプションで、ラスター画像のサイズと形状を調整するために使用します。
  • ラスター選択
  • 1つまたは複数のラスター参照を対話的に選択するために使用します。
  • 切り取りを修正
  • 切り取ったラスター画像の切り取り多角形を修正するために使用します。
  • ラスターマネージャ
  • DGNファイルビューで1つ以上のラスター画像の表示を制御する場合に使用します。
 

ポイントクラウド

  • アタッチ
  • 標準の「開く」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスはDGNにポイントクラウドをアタッチするために使用されます。
  • デタッチ
  • DGNファイルからポイントクラウドをデタッチするために使用します。
  • 切り取り
  • ポイントクラウドを切り取る(枠モード)ため、またはマスク領域を定義する(マスクモード)ために使用します。
  • 切り取りを削除
  • ポイントクラウドから切り取りを削除するために使用します。
  • ポイントクラウド
  • DGNファイルビューで、1つまたは複数のポイントクラウドの表示を管理するために使用します。
 

リアリティメッシュ

  • アタッチ
  • URLを入力するかリアリティメッシュファイルを参照して、リアリティメッシュをアタッチするために使用します。
  • デタッチ
  • 選択したリアリティメッシュをデタッチします。
  • 切り取り
  • リアリティメッシュを既存の要素の内部に合わせて切り取ります。
  • 分割
  • 既存の要素の内部と外部を表す2つのメッシュにリアリティメッシュを分割します。
  • クラスをアタッチ
  • クラス内の任意の要素を選び、選択したリアリティメッシュに新しいクラスをアタッチするために使用します。
  • マスク
  • 境界線内の参照部分を覆います。
  • クラスを選択
  • リアリティメッシュを直接選ぶことによりクラス境界を選択することができます。
 

アイテムタイプ

  • アイテムをアタッチ
  • 要素、ファイル、モデル、または参照にアイテムをアタッチするために使用します。
  • アイテムタイプ
  • カスタムのアイテムタイプを作成してプロパティを追加するために使用します。
 

データベース

  • Visual Query Builder
  • データベースクエリをグラフィックまたは視覚的に生成し、データベースと容易にインターフェイスできる(クエリから入手した)再使用可能なデータベースフォームダイアログを生成するために使用します。
  • データベースの設定
  • 要素とデータベース行の間の結合に関連する設定値を制御するために使用します。
  • 表示可能な属性データをアタッチする
  • 表示可能な属性文字ノードとして、空の文字ノードを割り当てるために使用します。この表示可能な属性文字ノードは、「表示可能な属性データをロードする」ツールを使用して、属性データの表示用に指定できます。
  • 設定
  • MSCATALOGの作成、確認用の表示、および修正に使用します。また、接続された外部データベースのテーブルの作成と削除に使用します。
  • レポートテーブルを作成
  • 枠内の要素にアタッチされている行を持つそれぞれのテーブルに対して、レポートテーブルを作成するために使用します。
  • データベース切断
  • データベースサーバーから切断するために使用します。