MicroStation CONNECT Edition Help

フィーチャとフィーチャ入力の管理

MicroStationでは、履歴モデリングや関連入力などの最新テクノロジを利用することにより、パラメトリック要素で適用されたフィーチャをきわめて効率的に管理することができます。これらのテクノロジのおかげで、パラメトリックモデルツールでは、入力要素が保持され、入力要素に対するリンクや関連性が維持されます。この関連性があるために、ネイティブの編集コントロールを使用して、または入力要素のプロパティを変更することによって入力要素を継続的に編集することができます。パラメトリック要素は、更新された入力図形に一致するように更新されます。その際、最終の幾何学的な形状だけではなく、デザインプロセス全体もキャプチャされます。このパラメトリック要素を定義するフィーチャのセットは、一般的に"フィーチャツリー"と呼ばれます。フィーチャツリーは、モデリングプロセス全体のタイムラインとして機能します。

フィーチャ入力

特定のフィーチャのフィーチャ入力には、そのフィーチャを生成する操作において入力として機能する任意のプロファイル、ソリッド、またはサーフェスを使用できます。たとえば、次のソリッドで切り取りフィーチャを適用するときは、ソリッドを切り取るために使用されるプロファイルが、この切り取りフィーチャのフィーチャ入力として機能します。

MicroStationでは、これらのフィーチャ入力を管理および操作して、これらのフィーチャを適用した結果を完全に制御することができます。フィーチャを生成する操作を実行したあとも、適用されたフィーチャアイコンをクリックしてフィーチャ入力を操作して、それぞれの結果を調整することができます。フィーチャ入力の形状とサイズを操作するには、フィーチャアイコンをクリックすると表示される編集ハンドルを使用します。また、これらの入力を表示、非表示、置換するツールも提供されています。

1つの要素を複数のパラメトリックフィーチャの入力要素として使用できるため、入力要素を変更することで、その要素を使用しているすべてのフィーチャに影響を与えることができます。

フィーチャの管理

MicroStationが提供するさまざまなツールを使用すると、移動、回転、鏡映、配列化、無効化、削除などの操作によって、適用されたフィーチャを管理することができます。

適用されたフィーチャアイコンを右クリックしてポップアップメニューを表示すると、フィーチャの修正ツールにアクセスすることができます。これらのツールを使用して、選択、編集、および管理をより簡単に行うことができます。

切り取りフィーチャアイコンが直方体ソリッドアイコンとともにハイライト表示されています。

これらのアイコンを右クリックすることにより、フィーチャを管理するツールにアクセスすることができます。