MicroStation CONNECT Edition Help

オーバーレイ参照ファイルの定義

AutoCADオーバーレイは参照の一種です。AutoCADのアタッチされた参照ファイルとは異なり、ネスト参照になったオーバーレイは表示されず、そのオーバーレイにアタッチされたファイルもすべて表示されません。そのため、オーバーレイは、プロジェクトの一部に携わっている設計者が、親ファイルの画層で表示されるとは限らない情報を確認する必要がある場合に使用することができます。AutoCADオーバーレイのように動作するMicroStation参照ファイルを作成するには、「アタッチのプロパティ」ダイアログボックスの「ライブネストの場合参照ファイルを無視」設定値をオンにします。

DGNファイルをDWGファイルに保存するときに、参照ファイルをDWGファイルにオーバーレイとして保存することができます。その場合は、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスを開き、「参照をオーバーレイとして作成(ライブネストなし)」をオンにします。この設定値がオンの場合は、「ライブネストの場合参照ファイルを無視」設定値の設定とは無関係に、すべての参照がオーバーレイとして作成されます。この設定値は、DWG出力ファイルでライブネストを実質的に無効にします。これは、ライブネストがすべての参照ファイルに対してオフにされているファイルで役立ちます。



「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「全般」タブの「参照」オプション