MicroStation CONNECT Edition Help

「効果マネージャ」によるレンダリング画像へのレンダリング設定を調整するには

  1. デザインの必要な部分が常に表示され、希望通りのビュー属性となるよう、保存ビューを作成し、適用します。
  2. 「環境マネージャ」ダイアログボックスで、必要な設定を行います。
    注記: 「メイン」に対して「間接」フィールドを設定するようお勧めします。ここで2つの画像が処理されます。1つは間接光以外のすべてが可視化され、もう1つは環境からの間接光のみが処理されます。
  3. 「光源マネージャ」ダイアログボックスで定義された光源設定から必要な設定を選択します。
    注記: 周辺光に対してはどの画像もレンダリングされません。
  4. (オプション)光源に対して名前付きグループを作成します。

    これにより、レンダリングする画像の数を減らすことができます。

  5. 「レンダリング設定マネージャ」ダイアログボックスでレンダリング設定を選択し、必要な設定に対して変更を行います。「間接的コースティックス」オプションを「2線」に設定します。「間接的コースティックス」を「なし」に設定すると、ウィンドウから間接光が差し込むのを防止します。ほとんどの室内レンダリングでは光がガラスを通過するので、屈折的コースティックスを最低限に設定しておけば、間接光はガラスを通過します。
    注記: 「レンダリング設定マネージャ」ダイアログボックスの「外形線をレンダリング」と「滑らかなエッジを削除」を有効化しておくことをお勧めします。
    ヒント: シーンを1つまたは2つの光源で照らすと、より多くの放射光(たとえば1000くらい)が必要となりますが、光源を多数仕様した場合よりも好ましい(ノイズが少ない)結果を得ることができます。
  6. 「材質エディタ」ダイアログボックスを開き、発光材質に対する輝き値をゼロに設定します。レンダリング結果が黒画像になることを防止するには、開いているファイル内のいずれかのモデルに割り当てられたすべての発光材質をオフにする必要があります。
  7. 光源画像を調整値でレンダリングするには、「効果マネージャ」ダイアログボックスの「画像セットをレンダリング」アイコンクリックします。