MicroStation CONNECT Edition Help

「属性」ツールボックス

「属性」ツールボックスには、アクティブな要素属性を設定するためのコントロールがあります。既定では、アプリケーションウィンドウの上部(メニューバーの真下)に収納されています。



既定では、ツールボックス内の一部のツールは表示されません。すべてのツールを表示するには、ツールボックスを右クリックして、メニューから「すべてを表示」を選択します。

「属性」ツールボックスは、次のように配列されています。

操作 使用するツール
アクティブな要素テンプレートを設定する


アクティブな要素テンプレート
アクティブな画層フィルタを設定する


アクティブな画層フィルタ
アクティブな画層を設定する


アクティブ画層
アクティブな色を設定する


アクティブな色
アクティブな線種を設定する


アクティブな線種
アクティブな線幅を設定する


アクティブな線幅
アクティブな要素作図を設定する


アクティブな要素作図
アクティブな要素の透過を設定する


アクティブな要素の透過
アクティブな要素の優先度を設定する(2次元モデルのみ)


アクティブな要素の優先度
アクティブな線属性を表示する


線属性プレビュー
キー入力: DIALOG TOOLBOX ATTRIBUTES [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: DWG作業モードで作業している場合、線種1~7は、寸法を持たない(すなわちズームイン/ズームアウトしたときに変化しない)ので無効になります。これらの線種はAutoCADでは有効ではありません。この作業モードではカスタム線種だけが有効になります。
注記: DWG作業モードで作業している場合、色テーブルをロードすることはできません。唯一ロードされる色テーブルは、AutoCADの色テーブルだけです。
ヒント: 「要素属性を抽出」ツールを使用すると、「アクティブな色」、「アクティブな線種」、および「アクティブな線幅」の設定を要素の属性と一致させることができます。
注記: 要素の属性をアクティブな属性設定値に変更するには、「要素属性を変更」ツールを使用します。