MicroStation CONNECT Edition Help

「操作」ツールボックス

「操作」ツールボックス内のツールは、要素のコピー、移動、サイズ変更、回転、鏡映、配列作成、整列、引き伸ばしなどを行うために使用します。



既定では、ツールボックス内の一部のツールは表示されません。すべてのツールを表示するには、ツールボックスを右クリックして、メニューから「すべてを表示」を選択します。

操作 「操作」ツールボックスで選択するツール
要素(複数可)をコピーします。


要素コピー
要素(複数可)を移動します。


要素移動
要素(複数可)をアクティブな尺度で描き直して、サイズを変更します。


尺度
要素(複数可)を回転します。


回転
要素(複数可)を鏡映します。


鏡映
要素を複数回コピーして、長方形配列または円形配列を作成します。


配列を作成
別の要素の辺に要素を合わせます。


要素を辺に合わせる
要素(複数可)を引き伸ばします。


要素伸ばし
元の要素に対してコピー面が平行になるように、要素を移動またはコピーします。


平行移動/コピー
要素を定義された方向にモデル内の既存の要素に接触するまで移動します。


接触するまで移動
要素の幾何図形を修正します。


「修正」ツールボックス「要素を修正」
複合要素をより単純な構成要素に分解し、要素間の関連点を除去します。


「部分削除」ツールボックス「部分削除」
キー入力: DIALOG TOOLBOX MANIPULATE [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: 「要素の選択」ツールをアクティブにして要素を右クリックすると、選択した要素のコピー、移動、拡大縮小、回転、鏡映、削除、プロパティの表示などを実行できるメニューが開きます。
注記: これらのツールを使用してアタッチされた参照を操作するには、最初に、参照ファイルの「操作のために要素として参照ファイルを扱う」設定をオンにしておく必要があります。