MicroStation CONNECT Edition Help

モデルの作成

デザインモデルで作業するときは、単一のDGNファイル内に1つまたは複数の独立したモデルを作成できます。「モデル」ダイアログボックスを使用すると、DGNファイル内のさまざまなモデルをすばやく切り替えることができます。DGNファイルに複数のモデルが含まれている場合は、特定のモデルだけをダイアログボックスに表示するようにフィルタを設定することができます。必要に応じてフィルタのオン/オフを切り替えることができますが、フィルタをデザインセッション間で保存することはできません。

同じように、シートモデルを作成してデザイン図面を構成することができます。通常、図面はデザインモデルの参照から構成されます。開いているDGNファイルからの参照も、ディスク上の他のDGNファイルからの参照も可能です。デザインモデルと同様に、「モデル」ダイアログボックスを使用してシートモデル間を切り替えることができます。表示できるのは常に、シートモデル、デザインモデル、または図面モデルのいずれか1つの"アクティブな"モデルだけです。

図面モデルは、3次元デザインモデルと印刷可能なシートモデルの中間にあたります。境界線のない空白スペースに、デザインモデルの1つ以上のビューが含まれています。図面モデルを使用して、複数のシート間で共有する必要がある注釈を集中させることができます。注釈、寸法、吹き出し、その他の装飾を追加して保存ビューを拡張したい場合、そのビューの図面モデルを作成します。図面モデルをシートにアタッチすると、図面モデルの注釈尺度がアタッチの既定の詳細尺度として使用されます。

注記: 図面モデルには、断面吹き出し、詳細吹き出し、立面吹き出しを追加できます。ただし、図面モデルに図面境界を追加することはできません。

DGNファイルを最初に作成するときには、すぐに要素を配置できる既定のデザインモデルが1つ用意されています。「モデル」ダイアログボックスを開くと、既定のモデルの名前は「既定」になっており、「注記」には「マスターモデル」と表示されています。このモデルを使用したり、必要に応じてモデルの名前や注記を適切な値に変更することができます。