MicroStation CONNECT Edition Help

「ジョブモニター」ダイアログボックス

分散レンダリングタスクの進行状況を表示します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 処理コントローラトレイアイコン:右クリックして、「ジョブモニターを開く」を選択します


設定説明
ジョブを再開


選択したジョブがキャンセルされている場合に、再開します。
ジョブをキャンセル


選択したジョブ(複数可)をキャンセルします。
グループ(フィルタ) 選択したグループを対象としていないジョブを除外します。
削除


選択したジョブ(複数可)をキャンセルし、削除します。
リフレッシュ(アイコン)


「現在のジョブ」セクションの表示をリフレッシュします。
優先度 ジョブの処理順序を制御します。既定では、すべてのジョブの優先度が100です。エントリのこの列をクリックすると、優先度を編集できます。優先度が同じジョブは、送信時刻順に処理されます。
タイトル ジョブのタイトル(通常は出力ファイル名)。
ステータス ジョブのステータス。次のいずれかです。
  • なし - ジョブは開始されていません。
  • 進行中 - ジョブは少なくとも1つのプロセッサによって処理されています。
  • キャンセルされました - ジョブはユーザーによってキャンセルされていますが、再開可能です。
  • 終了 - ジョブは正常に完了しました。
% ジョブの進行状況をパーセントで表したもの。
ユーザー名 このジョブを送信したユーザー。
グループ このジョブの対象グループ。
「プロセッサ」タブ 選択したジョブを処理しているプロセッサが表示されます。
コンピュータ名 そのプロセッサがあるコンピュータの名前。
MSP# 該当プロセッサのプロセスID。
ステータス プロセッサのステータス。
  • なし - プロセッサは開始されていません。
  • 進行中 - プロセッサはジョブを処理しています。
  • 終了 - プロセッサはジョブの処理を完了しました。
  • キャンセルされました - ユーザーからのキャンセルメッセージによって、プロセッサはジョブの処理を停止しました。
  • エラー - ジョブの失敗を予測するものではなく、プロセッサが何らかの理由によりジョブを処理できなかったことを示します。
  • 警告 - ジョブの処理中に問題が発生した可能性があります。
メッセージ プロセッサからのステータスメッセージ。
前回の更新 前回プロセッサが分散処理メッセージングシステムに更新を送信した時刻。
「詳細」タブ 選択したジョブに関する詳細情報が表示されます。次のセクションで構成されます。
  • 「全般」セクションには、ジョブのステータス、送信時刻、送信者、開始時刻、および終了時刻に関する情報が表示されます。
  • 「情報」セクションには、プロセッサに送信されるジョブに関する情報が表示されます。主にデバッグのための情報です。
  • 「カスタム情報」セクションには、各種ジョブに必要とされる追加情報が表示されます。主にデバッグのための情報です。
「ログ」タブ ジョブを処理しているプロセッサによって送信されたメッセージが表示されます。