MicroStation CONNECT Edition Help

選択要因

データベースの選択に影響を与える多くの要因があります。たとえば、1人の人間がデータベース情報を使用する場合は、そのユーザーのシステム上でデータベースを維持することを選択することができます。また、複数の人間がデータにアクセスする必要がある場合は、ネットワークサーバー上にデータベースを配置することを選択することができます。

サポートされているデータベース製品のほとんどは、ネットワークサーバーから実行されますが、動作はまったく異なります。シングルユーザーシステムでは、サーバーはデータベースファイルを保存しているだけです。すべての処理がユーザーのシステム上で完了します。このシステムでは、大量のデータがネットワーク上で転送される可能性があります。

Oracleは、クライアントサーバーデータベースです。このデータベースエンジンはサーバー上で動作します。各ユーザーのシステム上のクライアントソフトウェアから要求を受け取ります。要求が処理されると、応答だけがネットワークを通して返送されます。この種のデータベースは、ネットワーク上のトラフィックが少ないほど、より多くのユーザーをサポートすることができます。これらの製品は、クライアントソフトウェアとサーバーソフトウェアの両方をユーザーのシステム上で実行することもできます。

ここで、考慮する必要のある選択基準をいくつか提示します。

  • データベースをローカルに設置するか、ネットワークサーバー上に設置するか。
  • 他の種類のシステムからデータにアクセスするか。
  • MicroStationとデータベースを別々に実行する必要があるか。
  • MicroStationアプリケーションとデータベースを分離する必要があるか。つまり、別のベンダーデータベースでもアプリケーションを変更せずに実行する必要があるか。
  • 非図形データの表形式レポートが必要か。
  • 会社のデータベース標準が選択に影響するか。
  • 会社のデータベースとインターフェイスする必要があるか。
  • 複数のベンダーのデータベースにアクセスする必要があるか。