MicroStation CONNECT Edition Help

スケッチプロファイルの作成

2次元パラメトリックスケッチは、プロファイルを必要とするダウンストリームの3次元操作の中心的要素です。生成されるプロファイルによって、3次元操作がどのようにパラメトリックに進行するかが決定されます。

プロファイルは、ダウンストリームの3次元操作で、または2次元ジオメトリが3次元操作の中で必要なときに使用可能な、平面内の1つまたは複数の2次元要素をスケッチした結果です。MicroStationの基本要素配置ツール(「線分を配置」、「円を配置」、「弧を配置」、「正多角形を配置」など)を使用して作成されたすべての2次元ジオメトリは、プロファイルにすることができ、そこからパラメトリック要素を作成できます。

要素配置ツールを使用したプロファイルの作成。

プロファイルを平行掃引してパラメトリックソリッドを作成します。(「距離」を20、「直交」を「オン」に設定)。

要素のグループ(プロファイルとして機能)を平行掃引してパラメトリックソリッドを作成します。「距離」は「オフ」に設定しています。

MicroStationでプロファイルを作成できるのは空の領域に限定されません。作成済みの 要素上にプロファイルを作成して、複雑な 要素を作成する場合と同じ扱いをすることができます。

「突起」ツールを使用したプロファイルの平行掃引