MicroStation CONNECT Edition Help

コンテキストメニュー

コンテキストメニューは、右クリックしたときに表示されるメニューです。リセットポップアップメニューとも呼ばれます。メニューとメニュー項目を追加して、コンテキストメニューをカスタマイズすることができます。これらのメニューとメニュー項目の表示/非表示または有効化/無効化は、 名前付き演算式 またはインライン式に基づいて切り替えることができます。たとえば、メニュー項目の「表示/非表示テスト」プロパティを"シートモデル"に設定することにより、シートモデルの作業をしているときだけ表示される右クリックメニュー項目を作成できます。または、メニュー項目の「有効化/無効化テスト」プロパティを"シートモデル"に設定することにより、シートモデルの作業をしているときだけ表示および有効化される右クリックメニュー項目を作成できます。コンテキストメニューやコンテキストメニュー項目を右クリックメニューのどの位置に配置するかを決定するには、「優先度」フィールドを設定します。

ツールボックスとツールをコピーして、これらのメニューからツールをアクティブできるようにコンテキストメニューをカスタマイズすることができます。カスタムのメニューおよびメニュー項目は、コンテキストメニューで追加、移動、コピー、並べ替え、削除でき、また名前を変更することもできます。また、コンテキストメニュー項目にメニューマークを追加することができます。メニューマークは、メニュー項目の文字の左側に表示される図形またはアイコンです。これにより、メニュー項目の状態が示されます。

コンテキストメニューは、「カスタマイズ」ダイアログボックス「ファイル」 > 「設定」 > 「構成」 > 「カスタマイズ」)の「コンテキストメニュー」タブでカスタマイズします。「カスタマイズ」ダイアログボックスでコンテキストメニューを変更すると、すぐにその変更が反映されます。



「カスタマイズ」ダイアログボックスの「コンテキストメニュー」タブ

カスタムコンテキストメニューは、 DGNライブラリ 内で作成および保存します。これによって、管理者は、1か所でコンテキストメニューをカスタマイズして、複数のユーザーに配布することができます。

DGNファイルを開くときや作成するときに、構成されたDGNライブラリ内のすべてのカスタムコンテキストメニューが表示されます。DGNライブラリ内の複数のファイルにコンテキストメニューのカスタマイズが含まれる場合は、これらのファイル内のメニュー変更が合成されて表示されます。コンテキストメニューをカスタマイズして他の人が使用できないようにするには、"個人用"のDGNライブラリに保存する必要があります。

注記: コンテキストメニューについて、またコンテキストメニューとDGNライブラリとの関係については、「ツール、ツールボックス、およびタスク」を参照してください。