MicroStation CONNECT Edition Help

DWGファイルに保存される文字スタイルとフォントの操作

DWGファイルに保存されるDGNファイルを操作する場合は、以下の点に注意してください。

  • MicroStationとAutoCADの両方でTrueTypeフォントがサポートされるため、できるだけこのフォントタイプを使用してください。
  • DGNファイルのMicroStationフォントは、ファイルをDWG SHXフォーマットに保存するときにAutoCADフォントに変換することができます。
  • DWGへの保存時にDGNファイルに未変換のMicroStationフォントが含まれている場合、AutoCADでは、変数FONTALTで指定されたフォントが使用され、MicroStationでは、「高速表示フォント」と指定されたフォントが使用されます。文字フォントは、フォントライブラリに保存されます。
  • 構成変数MS_DWGFONTPATHでは、DWG SHXフォントを一括して保存するディレクトリを指定することができます。
  • AutoCADでは、DWGファイルのすべての文字要素に文字スタイルを関連付ける必要があります。DGNファイルをDWGフォーマットに保存する際、MicroStationでは、使用されている文字スタイルごとに同じような名前のDWG文字スタイルが自動的に作成されます。

    DGNファイルに、文字スタイルなしで配置されている文字要素が含まれている場合、MicroStationでは、要素の配置に使用するフォントごとに文字スタイルが自動的に作成されます。その際、MicroStationでは、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「文字スタイル名テンプレート」設定値で指定されている名前テンプレートを適用して、それぞれのスタイル名を設定します。

  • 指数表記文字をRSCフォントでDGNファイルに配置し、DWGファイルとして保存すると、「テキストエディタ」ダイアログボックスの「分数上下に重ねて表示」では、指数表記を編集できません。これは、DGNファイルをDWGファイルとして保存するときに、RSCフォントがSHXフォントに変換され、「テキストエディタ」ダイアログボックスの「分数上下に重ねて表示」で編集できないためです。指数表記文字を編集できるようにするには、DGNファイルでTrueTypeまたはSHXフォントを使用し、DWGファイルとして保存してください。