MicroStation CONNECT Edition Help

複合曲線を配置するには

  1. 「複合曲線を配置」ツール(「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「曲線を作成」分割ボタン)を選択します。

  2. ツール設定値ウィンドウの「方法」オプションメニューから構成要素を選択します。
  3. 選択した構成要素で複合曲線の作図を開始する場合には、最初のデータ点を入力して、複合曲線の始点を定義します。
  4. 2番目以降のデータ点を入力して、選択した構成要素を配置します(ステータスバーに表示されるプロンプトに従います)。
    方法 データ点入力時の操作 類似ツール
    円弧: 3点で定義 円弧上の点を定義します。

    円弧の終点を定義します。

    弧を配置
    円弧: 中心と掃引角で 中心を定義します(「円弧の半径」がオンでない場合)。

    掃引角を定義します(「円弧の角度」がオンでない場合)。

    弧を配置
    ベジェ曲線 最初のアンカー点を定義します。

    最初の方向点を定義します(接点を定義します)。

    2番目のアンカー点(終点)を定義します。

    2番目の方向点を定義します。

    なし
    直線線分 セグメントの端点を定義します。 スマートラインを配置
  5. 次の1つを行います。

    同じ構成要素をさらに配置するには、手順4へ戻ります。

    または

    別の構成要素を選択するには、手順2へ戻ります。

    または

    開いた複合曲線を完成するには、リセットします。

    または

    閉じた複合曲線を完成するには、「要素を閉じる」ボタンをクリックするか、「CLOSE ELEMENT」とキー入力します。



    複合曲線を配置。左上から時計回りに、

    A:「滑らかな連結」をオンにします。最初に、「モード」を「円弧: 中心と掃引角で」に設定します。データ点3の配置後に、「モード」を「直線線分」に設定します。データ点4の配置後に「円弧:中心と掃引角で」に設定を戻します。以下、同様に操作を続行します。始点と同じ位置でデータ点を入力するか、または「要素を閉じる」をクリックして、図を閉じます。

    B: 「モード」を「円弧: 中心と掃引角で」に設定します。最初の2つの弧に対しては、「滑らかな連結」をオフにします。データ点5の配置後は、「滑らかな連結」をオンにします。

    C:最初は「モード」を「直線線分」に設定します。データ点3の配置後に、「モード」を「円弧: 3点で定義」に変更し、「線種」も変更します。データ点4の配置後に、「線幅」を変更します。

    D:「モード」を「円弧: 中心と掃引角で」に設定し、「滑らかな曲線」をオンにし、「円弧の角度」を90°に設定すると、フィボナッチ曲線が配置されます。最初の2つの弧の「円弧の半径」は1です。データ点5および7の配置後は、「円弧の半径」をそれぞれ2と3とに変更します。

    E:ベジェ曲線。奇数番号のデータ点はアンカー点を定義し、偶数番号の点は方向(接線)点を定義します。データ点8を配置した後にリセットして、曲線を完成しました。