MicroStation CONNECT Edition Help

共有セル

「セルを配置」ツール設定値ウィンドウの「共有セルとして配置」がオンの場合、セルは共有セルとして配置されます。

共有セルとは

「共有セルとして配置」をオンにして初めてセルを配置すると、共有セルの定義(セルを構成する要素)が、DGNファイルに、セルライブラリとほぼ同じ方法で登録されます。共有セルのインスタンスを続けて配置するのに、セルライブラリをアタッチする必要はありません。つまり、共有セルは1つのDGNファイルに多くのインスタンスを入れることができますが、定義は1つだけです。「セルを置換」ツールを使って、共有セルのインスタンスを置き換えた場合は、その共有セルのすべてのインスタンスが置換されます。

反対に非共有セルの場合は、セルが配置されるたびにライブラリ定義がDGNファイルに保存されます。このため、共有セルを使用すると、DGNファイルのサイズを小さくできます。多くの構成要素またはインスタンスのあるセルがファイルに入っている場合、ファイルサイズを最も圧縮できます。

注記: 共有セル定義がDGNファイルのどこにあるかを知る必要はありません。共有セルのインスタンスを指定すれば、実際の定義も自動的に指定されます。

共有セルを使用する理由

次のような理由で、共有セルの使用をお勧めします。

  • 共有セルは、非共有セルよりもすばやく配置および操作することができます。初めてセルをDGNファイルに配置するときには、保存先のセルライブラリをアタッチする必要があります。しかし、セルを共有セルとして配置すれば、そのセルのインスタンスを追加して配置するのにセルライブラリをアタッチする必要はありません。
  • 共有セルのインスタンスを置換すると、DGNファイルにあるその共有セルのすべてのインスタンスが置換されます。
  • 「関連性ロック」がオンの場合は、他の要素上の点に共有セルを関連付けることができます。たとえば、共有セルのドアが壁に配置され、その壁と関連付けられている場合は、壁を移動するとドアも自動的に移動します。
  • 通常、共有セルを使用すると、DGNファイルのサイズが小さくなるため、作業能率が向上します。

共有セルおよび要素属性

共有セルには、色、スタイル、線幅、および画層の"優先値"があり、共有セル定義の要素上のこれらの属性の代わりに使用できます。透過、優先度、または要素クラスなどには優先はありません。これらは、共有セルの要素の定義から適用されます。透過共有セルを作成する場合は、共有セルの要素の定義を変更する必要があります。

SET SHARECELL [ OFF | ON | TOGGLE ]