MicroStation CONNECT Edition Help

正規表現

正規表現とは、特殊文字の組み合わせであり、これを使用すると、セルの名前、参照、または画層を指定するときに、さまざまな形式の文字列を探索したり複数の項目を選択したりするなど、あらゆる操作が行いやすくなります。

すべての操作に共通する正規表現の一覧を以下に示します。

文字 意味
^ 行または式の先頭。先頭で使用された場合は、行が後続パターンで始まっている必要があることを意味します。文字クラス内の最初の文字として使用された場合は、この定義が無視されます。
$ 行または式の末尾。式の最後で使用された場合は、行が直前のパターンで終わっている必要があることを意味します。
. 任意の1文字。
[:alpha:] 任意のアルファベット1文字(文字クラス[a-zまたはA-Z]と同じです)。
\d ASCII数字(文字クラス[0-9]と同じです)。
[:alnum:] 1つのアルファベット文字または数字(文字クラス[a-z、A-Z、または0-9]と同じです)。

コロンの後にスペースが来るときも任意の句読点文字に一致します。

文字列を検索する場合にのみ使用される正規表現を以下に示します。

文字 意味
[ ] この括弧内の文字は、文字クラスまたはカスタムワイルドカードを表します。
* 直前の文字(または文字クラス)を0回以上繰り返すことができます。
+ 直前の文字(または文字クラス)を1回以上繰り返す必要があります。
- 文字クラス内で使用された場合に、文字の範囲を表します。

複数の項目を選択する場合にのみ使用される正規表現を以下に示します。

文字 意味
c 通常の文字cに一致します。
\c 文字cの特別な意味をオフにします。
[…] ...の文字の内の1つ。たとえば、a-zのように範囲を指定することができます。
[^…] ...の中に当てはまらない文字の範囲を指定することができます。
s* 文字列s(前にある文字)がまったく出現しないか、1回以上出現する。
s+ 文字列s(前にある文字)が1回または複数回出現する。
st 文字列sの後に文字列tが続く。