MicroStation CONNECT Edition Help

アキュスナップと交点スナップ

2つの要素の交点を選択するには、その2つの要素を指定する必要があります。アキュスナップを利用すると、2つの要素の交点の上にマウスポインタを置くだけで、スナップ点を入力せずに交点を選択することができます。ポインタを交点の上に置くと、2つの要素の一方が実線、一方が破線でハイライト表示され、スナップ点を示す記号が交点に表示されます。1点で多数の要素が交差している場合には、正しい要素の組み合わせがハイライト表示されるまでポインタを動かします。

3次元のDGNファイルでは、2つの交差する線分がZ方向のビューでは離れて表示される場合があります。既定では、ビューのアクティブな奥行きに最も近い要素が実線でハイライト表示され、この要素の上にデータ点が置かれます。つまり、実線でハイライト表示された要素に新しい要素が付け加えられます。ポインタを交点に移動させる前に、目的の要素に手動でスナップすることで、この操作を制御することができます。すなわち、新しい要素の追加先となる要素にスナップした後で、ポインタを交点に移動させます。最初の要素は実線で、次の要素は破線でハイライト表示されます。