MicroStation CONNECT Edition Help

AAルールとABルール

数値が26を超えた場合は、文字との組み合わせが生成されます。letterStyleは、どのように文字を組み合わせるかを指定します。AAが指定された場合は、文字が繰り返されます。ABが指定された場合は、文字がオドメータのような形態で繰り返されます。具体的には、改訂番号が、まず、0ベースのインデックスに変換され、次に、26ベースの数字に変換されます。

AAが指定された場合は、26ベースの最小数が0ベースのインデックスとして使用されて文字が選択され、その文字が26の倍数+1回繰り返されます。

ABが指定された場合は、26ベースの最大数がデクリメントされ、各26ベースの数字が0ベースのインデックスとして使用されて文字が選択されます(文字が除外された場合は、ベースが26ではなく、残りのアルファベットの文字数になります)。

例については、次の表を参照してください。

AAルールを使用した場合の番号の値 ABルールを使用した場合の番号の値
1 A A
2 B B
26 Z Z
27 AA AA
28 BB AB
52 ZZ AZ
53 AAA BA
54 BBB BB
78 ZZZ BZ
79 AAAA CA
676 ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ(676は26*26のため、26個のZが繰り返される) YZ
677 AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA(27個のAが繰り返される) AAA