MicroStation CONNECT Edition Help

境界要素で囲まれた領域をパターニングするには

  1. 「領域をパターン」ツール(「作図」 > 「注釈」 > 「パターン」)を選択します。

  2. ツール設定値の「1点で指定」アイコンをクリックします。

  3. 使用するセルまたはパターンを選択します。
  4. (オプション) 内部の要素(文字)内のパターニングを制御する場合、または要素を動的に選択する場合は、「拡張設定値を表示」をクリックし、オプションから選択します。
  5. 境界となっている要素で囲まれている領域の中にデータ点を入力します。パターニングの処理時間を最小にするには、対象となる領域にズームインするか、境界となっている要素を選択します。

    パターニングされる領域が動的に表示されます。

    選択された要素がある場合、この選択された要素のみが境界にできるものとみなされます。要素が何も選択されていない場合、データ点を入力したビューの中の要素すべてが境界にできるものとみなされます。

  6. データ点を入力してパターニングを承認します。

    領域はパターン化されます。「内部の多角形を指定」および「内部の文字を指定」がオンの場合、内側の閉じた要素(領域属性に関わらず)、文字、寸法文字は含まれません。

    左: 「内部の文字を指定」をオン。右: 「内部の多角形を指定」をオン。