MicroStation CONNECT Edition Help

キャッシュ参照の要素の操作

キャッシュ参照の要素を右クリックすると、「キャッシュ要素を非表示」および「キャッシュ要素をコピー/非表示」という2つのオプションが表示されます。「キャッシュ要素を非表示」を選択すると、ビューで設定された要素または選択が非表示になります。「キャッシュ要素をコピー/非表示」を選択すると、設定された要素または選択がマスターファイルにコピーされ、キャッシュ要素または選択セットが非表示になります。コピーされた要素を操作できます。

「参照」ダイアログボックスの「外形線のキャッシュから非表示要素を表示」アイコンをオンにすると、キャッシュ参照の非表示の要素が青色で表示され、残りの要素が灰色で表示されます。

非表示のキャッシュ要素がある画層がオフで、キャッシュを再ロードすると、要素が非表示ではなくなります。画層をオンにし、参照を再ロードすると、前に非表示になったキャッシュ要素は表示されます。