MicroStation CONNECT Edition Help

Scales.defファイルでの尺度のカスタマイズ

アクティブなscales.defファイルを使用して、ユーザーインターフェイスに表示される尺度の使用可能なリストを制御します。

このファイルのフォーマットは、1行に1つの尺度定義で構成されています。各行のフォーマットは、次のとおりです。
Name;     PreScale:PostScale;     UnitSystems
次を意味します。
  • Name- ユーザーインターフェイス内の尺度を表示するために使用します。特殊な値"_[SYSTEM]_"を使用して、プログラムで標準組み込み名を使用する必要があることを示します。
  • PreScale、PostScale - PreScaleをPostScaleで割った比率として尺度を定義します。
  • UnitSystems - 尺度の一覧をフィルタするために使用します。通常、ユーザーインターフェイスでは、アクティブなモデルの主単位を使用して、表示される尺度を制御します。アクティブなモデルのシステムと一致するシステムを指定する尺度のみが表示されます。複数のシステムを指定することができます。1、2、3が指定されている場合、尺度はシステムに基づいてフィルタされません。UnitSystemsの有効な値は、次のとおりです。
    • 1 - 英語(国際フィートに基づく)
    • 2 - メートル法
    • 3 - 英語(米国調査フィートに基づく)

このデータをカスタマイズするには、Scales.defファイルのコピーを作成してそれを構成内に配置し、構成変数MS_CUSTOMSCALEDEFでその位置を定義します。