MicroStation CONNECT Edition Help

デザイン履歴設定の制御

MS_DESIGN_HISTORY構成変数によって、デザイン履歴の使用方法を制御するためのオプションが提供されます。既定では、作成、コミット、参照、タグ付け、バージョンフォーマットの設定、およびバージョンの設定の各機能が有効で、削除、注記の変更、作成者の変更、結合、除外、および自動更新の各機能が無効になっています。

既定の設定値は変更しないようにしてください。特に、ファイルのデザイン履歴は修復が不可能なため、削除する場合は注意が必要です。デザイン履歴を削除するのではなく、ファイルの内容をデザイン履歴のない新しいファイルにコピーすることができます。履歴なしでコピーしようとしても、ファイルが大き過ぎて開くことができない場合を除いて、現在のファイルから履歴を削除する必要はほとんどありません。

ヒント: MS_DESIGN_HISTORY構成変数をシステム、組織、作業環境またはWorkSetレベルで設定して、ユーザーがその設定を変更できないようにロックします。

現在のファイルのデザイン履歴を削除する必要がある場合は、次の手順を使用してください。