MicroStation CONNECT Edition Help

ハッチングおよびパターニング

パターニングとは、閉じたハッチング線またはセルに、指定した間隔、尺度、角度で繰り返し配置することです。パターンは、任意の指定した画層に配置できます。

注記: ツール設定の「方法」が「1点で指定」、「領域の和」、「領域の積」、または「領域の差」に設定されたハッチングまたはパターニングツールを使用する場合は、「動的領域」をオンにして「パターンを解除」をオフにすることで、境界要素が変更されたときに自分自身を再生成するパターンを作成することができます。また、非連続領域を持つ単独の関連性パターンを作成することもできます。

DWG作業モードでは、領域パターニングは既定でAutoCADの定義済みハッチングに置き換えられます。

「領域をパターン」ツール設定ウィンドウの「パターン」フィールドはコンボボックスになっていて、DWGパターンファイルareapat.patに格納されているパターンを既定で表示します。このファイルには、付属のセルライブラリareapat.cel内の各パターンのDWGパターン定義が格納されています。

別のDWGパターンファイルを選択するには、「パターンファイル」に完全ファイル名、すなわちパスとファイル名を指定するか、またはその横にある参照アイコンをクリックしてファイルシステムを参照します。

付属のパターンセルライブラリ(archpat.celareapat.celgeompa.celigespats.cellinepa.cellutilpat.cel)のそれぞれに対して、DWGパターンファイルが用意されています。DWGパターンファイルはそれに対応するセルライブラリと同じ名前を持ちますが、拡張子は.patになります。

パターンで実線ではない線種を使用している場合、DWG形式で保存すると、パターンは解除され、"*X"という名前の前記号が付いた無名のブロックになります。