MicroStation CONNECT Edition Help

SVGフォーマットへのエクスポート

MicroStationでは、SVG(Scalable Vector Graphics)へのエクスポートがサポートされています。SVGは2次元グラフィック用のプラットフォームです。SVGは、XMLベースのファイルフォーマットとグラフィカルアプリケーション用のプログラミングAPIの2つの部分から構成されます。主な機能として、図形、文字、埋め込まれたラスターグラフィック、さまざまなペイントスタイルなどが備わっています。ECMAScriptなどの言語を通じてスクリプト記述をサポートしており、アニメーションも包括的にサポートしています。

「SVGをエクスポート」ダイアログボックスは、「ファイル」 > 「エクスポート」 > 「ビジュアリゼーションファイルタイプ」 > 「SVG (*.svg)」の順に選択すると開きます。このダイアログボックスには、SVGに変換する前にビューを選択したり、テキストを線分または連続線分要素に変換するための設定値が含まれています。SVG EXPORTキー入力コマンドを使用して「SVGをエクスポート」ダイアログボックスを開くこともできます。「エクスポート」をクリックすると、「デザインファイルをSVGとしてエクスポート」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスでは、SVGフォーマットファイル(.svg)の保存先とファイル名を定義することができます。