MicroStation CONNECT Edition Help

「プロパティ」ダイアログボックスの「メイン」タブのラスター設定値

ラスター印刷定義の用紙とレイアウトのプロパティを変更するときに使用します。

設定説明
ファイル名 印刷定義に関連付けられたラスターファイルのフォルダ名やファイル名を変更するときに使用します。ファイルを移動した場合、またはファイルの名前を変更した場合は、フォルダ名やファイル名の変更が必要になることがあります。ファイルの場所がわからない場合は、「参照」アイコンをクリックします。
用紙サイズ 「用紙サイズ」コントロールでは、ラスター印刷に関連付けられた用紙サイズ(フォーム)を指定します。別の用紙サイズが選択され、「詳細」チェックボックスがオンになっている場合は、新しい用紙サイズに合わせてサイズと尺度の値が更新されます。

NONEフォームは、印刷の出力先が「InterPlotに送信」に設定され、選択したプリンタが、NONEフォームをサポートするInterPlotプリンタの場合に使用できます。NONEフォームで印刷する場合、フォームサイズは自動的に印刷サイズに設定されます。たとえば、フォームサイズが100×100インチで、印刷サイズが34×22インチの場合、「用紙サイズ」コントロールがNONEに設定されていると、フォームサイズは34×22インチに設定されます。

制限 選択した用紙サイズの画像作成可能領域をアクティブな単位で表示する読み取り専用フィールド。
向き 向きを縦または横に指定できます。
用紙ソース 用紙ソースに対して、特定のトレイまたは用紙の種類(トレイ1、トレイ2、光沢紙、普通紙)を指定できます。
詳細 Windowsドライバが選択されている場合のみ表示)このコントロールを使用すると、選択した用紙サイズの端いっぱいまで使用してラスター画像が印刷されます。設定した場合は、プリンタドライバで「フルシートモード」プロパティを設定した場合と同じです。オフにすると、用紙の印刷可能な部分のみが印刷対象となります。

たとえば、レターサイズの用紙(通常は8.5×11インチ)に印刷しているのに、最大印刷サイズが8×10.5インチの場合があります。この場合、詳細が設定されていると、最大印刷サイズがシートサイズである8.5×11インチになります。

詳細が設定されている場合、用紙の周辺部の印刷不可能な範囲にある幾何は(プリンタによって)切り取られることがあります。

単位 「単位」コントロールでは、サイズと基準点の値を表示するときの単位を指定できます。
尺度 ラスターを拡大/縮小できます。ラスターの尺度は乗数であり、印刷サイズに合わせて元のピクセルを拡大/縮小するときの係数を示します。たとえば、600 dpiのプリンタまたは600 dpiのPDFに印刷するときに、ラスターのサイズが厳密に1100×850ピクセルであるとします。このラスターをANSI A(11×8.5)に最大化する場合、ラスターの尺度は6になります。完全な画像を生成するには、6600×5100ピクセルのラスターが必要になります。その場合はラスターの尺度が1となり、拡大も縮小も行われません。
サイズ ラスターのXサイズまたはYサイズをアクティブな単位で指定できます。ラスターのXサイズを変更すると、同じアスペクト比でYサイズと尺度の値が変更されます。
基準点 印刷可能な領域の左下端から画像左下端までの水平距離と垂直距離を、プリンタ単位で設定します。

「X基点」では、印刷可能な領域の左下端から画像左下端までの水平距離が、プリンタ単位で設定されます。既定のX基点およびY基点の値では、ラスターが印刷出力の印刷可能領域の中央に配置されます。

「Y基点」では、印刷可能な領域の左下端から画像左下端までの垂直距離が、プリンタ単位で設定されます。既定のX基点およびY基点の値では、ラスターが印刷出力の印刷可能領域の中央に配置されます。

色を反転(バイナリのラスターのみ) バイナリのラスターに対して、通常の前景色/背景色のルールを反転させることができます。
回転 「回転」コントロールでは、ラスターを回転させることができます。ラスターの有効な回転角度は、0、90、180、および270度です。
鏡映 「鏡映」コントロールでは、印刷をX軸、Y軸、または両方の軸を中心に鏡映するよう指定するか、または鏡映しないように指定できます(「なし」)。
最大化 自動的にラスターを印刷可能領域にできるだけフィットさせます。
中心 出力媒体でラスターを中央に配置します。それに応じて基準点の値が更新されます。
リフレッシュ プレビュー画像の下の「リフレッシュ」アイコンをクリックすると、概要ウィンドウがリフレッシュされます。
ラスターの概観を表示 設定した場合、ラスターは概要ウィンドウに表示されます。オフにすると、定義されたシートが余白を含めて表示されます。