MicroStation CONNECT Edition Help

要素テンプレート

要素テンプレートは、既存の要素に適用したり、要素の配置で使用されるアクティブな設定値を設定するために使用できる要素プロパティの名前付きのセットです。テンプレートの主な目的は、作図時の一貫性をより確実にすることです。テンプレートは、DGNライブラリまたはDGNファイルに保存できます。テンプレートを定義するには、「要素テンプレート」ダイアログボックス「作図」 > 「ホーム」 > 「属性」 > 「要素テンプレート」 > 「管理」)を使用します。

次に、テンプレートを操作する場合の一般的な順序を示します。

  1. テンプレートにデータをインポートします。
  2. または、テンプレートを追加してそのプロパティを追加します
  3. テンプレートを管理します(プロパティの追加と削除、名前の変更、コピー、移動、または削除を行います)。
  4. テンプレートグループという階層グループにテンプレートを整理します。
  5. テンプレートに関連付けられている、または"ロック"されている要素を配置します。
  6. 「標準チェッカー」を使用してテンプレートに関連付けられている要素を確認および更新します。
  7. 「要素テンプレート」ダイアログボックスで、「ユーティリティ」メニューのメニュー項目を使用して、テンプレートに関連付けられているすべての要素を更新するか、選択した要素を更新します

テンプレートを設定したら、テンプレートを使用して要素を配置したり、既存の要素にテンプレートを適用したりすることができます。「属性」ツールボックスの「アクティブな要素テンプレート」アイコンのドロップダウンリストには、使用可能なテンプレートが表示されます。これにより、要素の配置時に、アクティブなテンプレートに関連付ける(または"ロック"する)ことができます。



アクティブな要素テンプレートの"設定"と、アクティブな要素テンプレートの"関連付け""ロック"には、次のような重要な違いがあります。

  • テンプレートを"設定"すると、「属性」ツールボックスのアクティブな要素の属性設定値は、テンプレート内で定義されたプロパティに変更されます。テンプレートを"設定"した状態で要素を配置すると、要素はテンプレートのプロパティを継承しますが、テンプレートに"関連付け"または"ロック"されません。
  • テンプレートがアクティブな要素に"関連付けられている"場合、「属性」ツールボックスの属性設定値がテンプレート内で定義されたプロパティに変更され、配置された要素はテンプレートのプロパティを継承します。さらに、要素は要素の配置時にアクティブたっだテンプレートに関連付けられます。開いているDGNファイル内で作成および保存されたテンプレートの場合、関連付けられた要素はテンプレート内でプロパティを修正したときに自動的に再記号化されます。DGNライブラリから取得したテンプレートの場合、「標準チェッカー」を実行するか、「要素テンプレート」ダイアログボックスのメニュー項目を使用して、要素を再記号化する必要があります。