MicroStation CONNECT Edition Help

印刷オーガナイザのプリンタの選択

「印刷」ダイアログボックスと同様、印刷オーガナイザではBentleyプリンタドライバかWindowsプリンタドライバのいずれかを選択できます。Bentleyプリンタドライバは通常、PDF、TIFF、JPEG、またはPSCRIPTといったファイルへの印刷に用いられます。Windowsプリンタドライバは物理的な印刷デバイスへの印刷に使用されます。

「印刷」ダイアログボックスでプリンタドライバ構成ファイルを選択し設定する場合は、印刷オーガナイザの場合と同じく簡単な手順になります。

印刷オーガナイザと「印刷」ダイアログボックスには、いくつか共通点があります。

  • どちらでも同じプリンタドライバ構成ファイルが使用され、その構成ファイルの編集時に同じユーティリティが使用されます。
  • またどちらの場合も、プリンタドライバ構成ファイルの特定と既定のプリンタドライバ構成ファイルの選択に際して、構成変数MS_PLTCFG_PATHMS_DEFAULT_PLTCFG_FILEが使用されます。
  • どちらでも同じ手順で既定のプリンタが選択されます。

プリンタドライバ構成ファイルは、..\MicroStation\Default\Pltcfgフォルダに保存されます。2つのプリンタドライバ構成ファイルprinter.pltcfginterplot.pltcfgは、既定のWindowsシステムプリンタに直接印刷するように設計されています。それ以外のプリンタドライバ構成ファイル(cals.pltcfg、hpgl2.pltcfg、hpglrtl.pltcfg、jpeg.pltcfg、pdf.pltcfg、png.pltcfg、pscript.pltcfg、およびtiff.pltcfg)は、ディスク上のファイルに印刷するように設計されています。

「印刷オーガナイザ」ダイアログボックスをまだ一度も開いたことがない場合は、Windowsプリンタドライバ(printer.pltcfg)が既定のプリンタドライバ構成ファイルとして使用されます(構成ファイルの設定が構成変数で変更されていないものと仮定)。このプリンタドライバでは、Windows既定のプリンタ名、用紙サイズ、およびトレイ名が選択されます。通常、この情報は既定のWindowsプリンタから取得されますが、プリンタドライバ構成ファイルまたは次に示す構成変数を使用して変更することができます。

  • MS_PLT_SYSPRT_DEFAULT_PRINTERでは、システムプリンタを開いたときに選択されるプリンタ名を指定します。
  • MS_PLT_SYSPRT_DEFAULT_FORMでは、システムプリンタを開いたときに選択される用紙サイズ名を指定します。
  • MS_PLT_SYSPRT_DEFAULT_TRAYでは、システムプリンタを開いたときに選択されるトレイ名を指定します。

上の構成変数が定義されていない場合は、Windowsプリンタドライバ構成ファイル内のプロパティを使用して、既定のプリンタ、用紙サイズ、およびトレイ名を指定することができます。プリンタドライバ構成ファイルを変更する場合は、印刷オーガナイザの「プリンタセットアップ」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「プリンタセットアップ」)を使用します。このダイアログボックスの「編集」アイコンを選択すると、「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスが開きます。

印刷オーガナイザでは、アクティブなプリンタドライバ構成ファイルがユーザー選択事項ファイルに保存されます。印刷オーガナイザによって新規の印刷セットファイルが開くときに、最後に使用されたプリンタドライバが既定で選択されます。ただし、この動作は次の構成変数を使用して変更することができます。

  • MS_DEFAULT_PLTCFG_FILEが完全修飾のプリンタドライバ構成ファイルに設定されている場合に印刷オーガナイザを開くときは、最後に使用されたファイルではなく、そのプリンタドライバ構成ファイルが使用されます。
注記: 印刷オーガナイザによって既存の印刷セットファイルが開く場合は、印刷セットに保存されているプリンタドライバ構成ファイルが既定で選択されます。