MicroStation CONNECT Edition Help

プリンタドライバ構成ファイルのカスタマイズ

カスタマイズされたプリンタドライバ構成ファイルを作成する最も簡単な方法は、印刷システムに付属のサンプルファイルの1つを編集することです。サンプルのプリンタドライバ構成ファイルを変更する場合は、元のファイルを既定の場所に残し、変更したファイルを別の名前と別の表示ラベルで別のディレクトリに保存することをお勧めします。

このために、..Configuration\Organization\Pltcfgという別のディレクトリが用意されています。カスタマイズされたプリンタドライバ構成ファイルに加えて、よく使用するすべてのプリンタドライバ構成ファイルのコピーをこのディレクトリに保存することができます。これによって、今後のソフトウェアの更新や再インストールで、変更したファイルが上書きされる心配がなくなります。プリンタドライバ構成ファイルをカスタマイズする方法の詳細については、「選択したプリンタドライバ構成ファイルを編集するには」を参照してください。

既定の.pltcfgファイルは、..\MicroStation\Default\Pltcfgの下に配置されていますが、この位置は変更しないでください。

プリンタドライバ構成ファイルは、検索パスMS_PLTCFG_PATHを使用して探します。既定では、この検索パスは次に解決されます。

..Configuration\Organization\Pltcfg;

..\MicroStation\Default\Pltcfg

組織ツリーが存在しない場合、..\MicroStation\Default\Pltcfgフォルダ内のプリンタドライバファイルを使用します。

注記: プリンタドライバ構成ファイルに対するすべての変更を印刷に反映させるためには、改めて印刷する必要があります。

使用するプリンタに関連付けられたドライバのカスタマイズおよび使用に関する具体的な情報やガイダンスを参照するには、使用したいプリンタドライバ構成ファイルを適切なエディタで開きます。それから、そのファイルの指示に従って、プリンタドライバ構成ファイルをカスタマイズすることができます。

「印刷」ダイアログボックスで「ファイル」 > 「プリンタドライバ構成を編集」の順に選択すると、プリンタドライバ構成ファイルが開きます。MS_PLTFILE_EDITOR構成変数は、ファイルを開くために使用するエディタを制御します。この構成変数の値は次のとおりです。

  • 未定義(既定) - .pltcfgファイルは「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスで、.pltファイルはメモ帳で開きます。
  • MicroStation - 「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスを使用してすべてのファイルを開きますが、.pltファイルは読み取り専用として開きます。プリンタドライバ構成エディタを使用して.pltファイルを編集することができますが、.pltcgfファイルとして保存する必要があります。
  • notepad.exeなどのテキストエディタの名前 - 指定されているテキストエディタがすべてのファイルの開く操作に使用されます。テキストエディタを使用して.pltcfgファイルを表示および編集することができますが、プリンタドライバ構成エディタを使用した方がはるかに簡単です。
  • HIDE_MENU_ITEM - 「印刷」ダイアログボックスの「ファイル」メニューから「プリンタドライバ構成を編集」と「プリンタドライバ構成を再ロード」のメニュー項目を削除します。