MicroStation CONNECT Edition Help

アタッチされた結合を使用した要素のコピー

データベース結合を含む要素をコピーすると、データベース結合も一緒にコピーされます。結合は、元の要素のリンクタイプに関係なく、MS_LINKTYPE変数で最初に指定されたタイプとして書き込まれます。

たとえば、ORACLE結合がアタッチされた要素をコピーしたとします。現在のデータベースセッションでMS_LINKTYPE=ODBCの場合は、新しい要素(コピー)にアタッチされた結合にはまったく同じデータが含まれます。ただし、その要素を分析すると、結合は"Oracleデータ結合"ではなく"ODBCデータ結合"として書き込まれます。

コピー機能は、結合モードの設定にも関係します。たとえば、結合モードが新規に設定された場合は、コピーされたデータベース結合を含む要素によって新しい行がデータベースに追加されます。結合モードが複製に設定された場合は、コピーされた要素が元の要素と同じレコードにリンクされます。

上の例では、MicroStationがデータベースに接続されていると仮定しています。データベースに接続されていない場合は、MS_LINKTYPEまたは結合モードに関係なく、要素とデータベース結合がそのままコピーされます。