MicroStation CONNECT Edition Help

ポイントクラウドの使用

ポイントクラウドは、オブジェクトの表面上からの点の集まりを格納している点群データファイルです。ポイントクラウドは、3次元の座標の頂点セットで、座標点は、X、Y、Z 座標です。ポイントクラウドは、3次元レーザスキャナで取得されます。この装置は、オブジェクトのサーフェス上に存在する大量の点を3次元測定し、点群データファイルとして出力します。ポイントクラウドは、スキャンまたはデジタイジングされたオブジェクトのサーフェス点群を表示します。ポイントクラウドは多様な目的に使用されます、特に実際の測定結果とDGNファイル上のモデルとの位置の比較確認に使用されます。

注記: Luxologyを使用してポイントクラウドをレンダリングすることもできます。

ポイントクラウドツールを使用すると、点群データをインポート、コントロール、視覚化することができます。ポイントクラウドをDGNファイルにインポートすると、点群データを参照して利用できます。「ポイントクラウド」ダイアログボックス(「作図」 > 「アタッチ」 > 「ポイントクラウド」 > 「ポイントクラウド」ダイアログボックス起動ツール)では、点群データファイルのアタッチと操作についてあらゆる側面を制御できます。ポイントクラウドは、標準要素として取り扱われ、モデルまたは画層に含めることができます。

ポイントクラウドは、切り取り領域によって切り取った平面にも対応しています。切り取り領域がポイントクラウド参照ファイルに適用されていると、許容差に収まる点が切り取った平面とともに表示されます。「切り取った平面に投影」チェックボックスがオンの場合、ポイントは実際の3次元の位置には投影されず、切り取った平面に投影されます。切り取った平面への許容差と投影の設定値は、「切り取り領域を適用」ツールと吹き出しツールに用意されています。

「ポイントクラウド」ダイアログボックスから、ビュー上の1つまたは複数のポイントクラウドの表示コントロールができます。各ビュー毎にポイントクラウドを表示することができます。ビューにアタッチされているすべてのポイントクラウドの名前が、「ポイントクラウド」ダイアログボックスに表示されます。ポイントクラウドに関する情報はDGNファイルにポイントクラウド要素として格納されます。「プロパティ」ダイアログボックスのでは、ポイントクラウドに関する情報の表示ができます。「ビュー属性」ダイアログの「ポイントクラウドスタイル」セクションでは、ポイントクラウドのスタイルを制御します。

ポイントクラウドの読込みデータ形式には、POD、BIN、CL3、FLS、FWS、LAS、PTG、PTS、PTX、3DD、RXP、RSP、XYZ、IXF、E57、およびTXTがあります。但し、DGNファイルにアタッチできるのはPODファイルのみです。その理由は、PODファイル形式が、ポイントクラウドエンジンのネイティブデータ形式であるためです。このエンジンはPointools社が開発したライブラリです。PODフォーマットに変換することで、莫大なポイントクラウドを圧倒的なパフォーマンスで処理することができます。POD以外のすべての点群データファイル形式は、PODフォーマットに変換する必要があります。

ポイントクラウドファイルは、同時に複数開くことができます。また、複数のポイントクラウドファイルを1つのPODファイルに、または別々のPODファイルにバッチ変換することもできます。ProjectWiseサーバーでProjectWiseポイントクラウドストリーミングサービスを有効化すると、ポイントクラウドファイルを完全にダウンロードしなくても、ポイントクラウド表示が利用可能となります。