MicroStation CONNECT Edition Help

ペンテーブル内のCTBファイルとSTBファイル

ペンテーブルを使用すると、デザインファイルの要素に関連付けられたあらゆる特性を、印刷出力のさまざまな値に再マップすることができます。色、線種、線幅などの要素の特性を再マップすると、印刷出力を最適化することができます。たとえば、デザインファイルに黄色の要素が含まれている場合、白い用紙に印刷するとその要素が見づらくなります。ペンテーブルを使用し、黄色の要素を青色の要素にマップすることで、印刷されたときに見やすくなります。ペンテーブルを使用して、印刷の再記号化を制御できます。

ペンテーブルは、AutoCADのプロットスタイルに似ています。AutoCADでは、2種類の印刷スタイルテーブルを使用して、プロットされたオブジェクトの外観を制御します。これらは、色従属印刷スタイルテーブル(CTBファイル)と名前の付いた印刷スタイルテーブル(STBファイル)です。CTBファイルには、オブジェクトの色に基づく印刷スタイルが含まれ、STBファイルには、AutoCADの個々のオブジェクトや画層に割り当てられる名前の付いた印刷スタイルが含まれます。

CTBファイルのインポート

DWGファイルを開いてから、CTBファイルをインポートすることができます。印刷出力では、CTFファイル内の各色に対して定義された設定値が使用されます。

STBファイルのインポート

DWGファイルを開いてから、そのファイルで使用されている印刷スタイルの定義を含むSTBファイルをインポートすることができます。各要素に印刷スタイルが定義されている場合、印刷出力では、STBファイルで定義されている設定値が使用されます。

CTB/STBファイルのペンテーブルへの保存

CTBファイルまたはSTBファイルの変更内容は保存することができません。ただし、これらのファイルは、編集可能なペンテーブル(*.tbl)に保存できます。