MicroStation CONNECT Edition Help

ノーマルな画面メニューを作成するには

MS_GUIDGNLIBLIST構成変数が参照するDGNLibファイルを操作していることを確認します。DGNLibファイルである場合は、管理者の作業フローを使用して画面メニューを作成するためのツールにアクセスできます。

  1. DGNLibファイルで、2次元または3次元デザインモデルを作成し、これをアクティブなモデルにします。
  2. メニューの描画を開始します。最も論理的かつ美しい配置でコマンドの図形を配置します。
  3. (オプション) 参照は、同じファイルのモデルからのみアタッチします。
  4. 要素に関連付けられたキー入力を編集」ツールを選択します(「管理」 > 「インターフェイス」 > 「スクリーンメニュー」 > 「キー入力を関連付け」)。

  5. キー入力を関連付ける図形要素を選択します。

    関連コマンドを編集」ダイアログボックスが開きます。

  6. 関連コマンドを編集」ダイアログボックスでキー入力コマンド、ツールチップ、およびショートカットキーを該当するフィールドに入力し、「OK」をクリックします。
  7. (オプション) 図形要素にアイコンを配置します
  8. 上記の手順4~7を繰り返して、他の図形要素を操作します。
  9. ビューウィンドウのサイズを、画面メニューを表示するサイズに変更します。
  10. 保存ビューを作成します
  11. メニュー設定」ダイアログボックス(「管理」 > 「インターフェイス」 > 「スクリーンメニュー」)で必要に応じて設定を変更します。

  12. キーボードショートカット」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「設定」 > 「ユーザー」 > 「キーボードショートカット」)を開きます。
  13. 次のキー入力コマンドのシンタックスを使用して、キーにキーボードショートカットを追加します。

    SCREENMENU OPENPOPUP <dgnlibファイル名>,<モデル名>,<保存ビュー名>

  14. ファイルを保存します。
これで、デザインファイルで画面メニューに割り当てられたキーボードショートカットを押すと、画面メニューがポップアップメニューとして開くようになりました。