MicroStation CONNECT Edition Help

開いているファイルをDWGファイルとして保存するには

  1. 「ファイル」タブから「名前を付けて保存」を選択します。

    「名前を付けて保存」ダイアログボックスが開きます。



  2. 「ファイルの種類」リストボックスで次のいずれかを選択します。

    - AutoCADデザインファイル(*.dwg)

    - AutoCAD DXF ファイル(*.dxf)

  3. (オプション) ディレクトリを変更するには、「ディレクトリ」ドロップダウンメニューをクリックして、次のいずれかを選択します。

    - 構成変数を選択

    - <ディレクトリパス>

  4. (オプション) 「ファイル名」フィールドで、ファイルの名前を指定します。
    注記: DGN以外の拡張子を持つデザインファイルをDWGに保存する場合、MicroStationによって、名前が同じで拡張子が異なる他のデザインファイルと区別するために、出力ファイル名に拡張子が追加されます。たとえば、sample.s01というファイルがDWGで保存されると、出力ファイルには、sample_s01.DWGという名前が付けられます。
  5. (オプション) DWGファイルオプションを指定する場合は、「オプション」をクリックします。

    「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスが開きます。



  6. (オプション) タブのコントロールを使用して、「全般」、「再マップ」、「参照」、「フィルタ」の各タイプのオプションを設定します。
  7. 「OK」をクリックして、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスを閉じます。
  8. 「OK」をクリックして、「名前を付けて保存」ダイアログボックスを閉じます。