MicroStation CONNECT Edition Help

要素の選択

DGNファイル上の既存の要素を操作するためには、要素を選択する必要があります。手作業で要素を指定する場合は、要素の上に画面ポインタを置いてデータ点を入力します。または、画面ポインタを要素の上に置いてスナップ点を先に入力し、データ点を入力して承認する前に選択した要素を確認することもできます。スナップはアキュスナップを使用して自動的に入力するか、スナップボタンを押して手動で入力します。

アキュスナップの「要素を自動的に指定」を有効にすると、このような手順が効率化され、ボタンを押す回数を著しく減らすことができます。通常、手動で要素を指定するには、最低でも1回ボタンを押す必要があります。最初にスナップ点を入力した場合は、最低2回押すことになります。アキュスナップと「要素を自動的に指定」を有効にすると、ポインタを要素の上に置くだけで要素が識別され、ハイライト表示されます。ボタンを押す必要はありません。たとえば、 「要素削除」 ツールを使用して要素を削除するには、ポインタを要素の上に置いてハイライト表示に変え、データ点を入力して承認するだけで削除が完了します。アキュスナップを使用しない場合は、最低でも2つのデータ点を入力するか、またはスナップ点を指定してからさらに2つのデータ点を入力する必要があります。