MicroStation CONNECT Edition Help

参照のマスクされた領域の操作

参照の一部を編集する場合、「マスク内容の統合」チェックボックスをオンにして、「参照の一部をマスク」を使用できます。このチェックボックスをオンにして切り取りマスクを作成すると、マスクされた要素がマスターファイルにコピーされます。マスク内の要素は編集可能です。コピーされた要素は名前付きグループとしてグループ化され、「名前付きグループ」ダイアログで管理できます。名前付きグループを削除する操作では、「名前付きグループ」ダイアログボックスから名前付きグループが削除されるのみで、マスクまたはマスクされた要素は削除されません。