MicroStation CONNECT Edition Help

3次元ビュー領域

3次元ビュー領域(3次元表示領域ともいいます)とは、3次元ビューに表示されるデザイン空間の3次元領域のことです。ほとんどの場合、ビューに表示されるのは、デザイン空間の一部にすぎません。



3次元ビュー領域。"A"はウィンドウ領域(ハッチングされた部分)を示します。"D"は「表示の奥行き」を示し、前方切り取り平面"F"から後方切り取り平面"B"までの距離です。大きな立方体はデザイン空間を示し、その部分が各ビューに表示されています。

3次元ビュー領域に入っていない要素や、要素の一部は、そのビューに表示されません。ビューに切り取り領域が適用されていないかぎり、3次元ビュー領域は、ウィンドウ領域とその表示の奥行きが境界となっています。

興味のある領域だけが表示されるように3次元ビューの切り取り領域を設定したり、ビューに定義された切り取り領域内にある要素だけにスナップしたりできます。同様に、切り取りマスクの外部にある要素だけが表示されているビューに切り取りマスクを適用することができます。切り取りマスクを切り取り領域内で使用した場合は、ビューに表示される要素は、切り取り領域内にあるものと切り取りマスクの外部にあるもののみです。また、「ビューを最大化」ツールを使用している場合は、切り取り領域内の要素だけが考慮されます。これにより、大きな3次元モデルや複雑な3次元モデルで特定の部分について作業するのが簡単になります。

ビューでは、前方または後方切り取り平面のビュー表示制限をいつでもオンまたはオフに切り替えることができます。同様に、切り取り領域が適用されている場合は、それを切り替えることができます。これには、「ビュー属性」ダイアログボックスの3つの設定値を使用します。

  • 後切り取り - オンの場合、ビューで後方切り取り平面がアクティブになります。
  • 前切り取り - オンの場合、ビューで前方切り取り平面がアクティブになります。
  • 切り取り領域 - オンの場合、ビューに切り取り領域が適用されているときは、3次元ビュー領域が、定義されている切り取り領域に制限されます。