MicroStation CONNECT Edition Help

画層

MicroStation画層は、DWGの画層と同じです。MicroStationでは、画層は、画層番号と画層名の両方で識別することができますが、DWGファイルフォーマットでは、名前のみで識別します。

また、DGNファイルとDWGファイルでは、画層の表示を制御する方法も異なります。MicroStationでは、各ビューに独自の表示構成を割り当てることも、ファイル全体で画層をグローバルに表示することもできますが、AutoCADでは、画層はグローバルにしか表示されず、すべてのビューポートに影響します(ビューポートは、参照ファイルと似ています)。

DWGファイルに保存される画層の操作

DWGファイルに保存されるDGNファイルを操作する場合は、以下の点に注意してください。

  • DWGファイルでは画層番号がサポートされないため、画層番号ではなく画層名を使用します。
  • 画層の変換方法を定義するには、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「全般」タブと「再マップ」タブを使用します。
  • 画層の表示を制御するには、画層フィルタを使用します。画層フィルタは、DWG画層フィルタと似ています。MicroStationでは、AutoCAD 2000以降のリリースで作成されたDWGファイルで画層フィルタがサポートされます。MicroStation内で、画層フィルタを作成および編集し、DWGファイルに保存することもできます。画層フィルタは、DWGファイルを開くとロードされ、ファイルを保存すると変更内容が書き込まれます。
  • 選択した画層上の要素の表示を制御するには、「画層の表示」ダイアログボックスを使用します。画層の要素をフリーズする場合は、「グローバルフリーズ」を選択します。「全体表示」モードまたは「ビュー表示」モードで画層の表示を制御することもできます。

    また、「画層マネージャ」ダイアログボックスを使用して、要素の表示とフリーズの設定値を画層別に設定することもできます。

  • DWGファイルに保存するときに、フリーズされた画層上の幾何形状を省略することもできます。その場合は、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「フィルタ」タブで「凍結された画層」オプションをオフにします。
  • 要素の線属性設定値(色、線幅、線種)は、「ByLevel」の値として定義することができます。この値は、AutoCADのByLayer設定値に似ています。「ByLevel」線属性設定値を使用する要素を画層に配置すると、その要素では、その画層に割り当てられている線属性設定値が使用されます。

    各画層の線属性設定値を制御するには、「画層マネージャ」ダイアログボックスを使用します。DWGファイルフォーマットと共通化するために、線属性は必ず「ByLevel」に設定してください。これは、AutoCADに「優先」に相当する設定値が存在しないためです。

注記: DWGファイルでは、一般にByLayer設定値が使用されます。これは、この設定値が長い間、オブジェクトの表示の既定の設定方法であったためです。

DWG作業モードでの画層の操作

DWG作業モードで操作する場合は、以下の点に注意してください。

  • DWGファイルでは画層番号がサポートされないため、画層の識別には番号ではなく名前を使用します。
  • 画層の表示方法を制御するには、「画層の表示」ダイアログボックスを使用します。DWG作業モードでは、「全体表示」モードを使用することができます。あるいは、「グローバルフリーズ」モードまたは「ビューポートフリーズ」モードで要素をフリーズすることもできます。

    また、「画層マネージャ」ダイアログボックスを使用して、要素の表示とフリーズの設定値を画層別に設定することもできます。

  • 要素の線属性(色、線幅、線種)は、「ByLevel」に設定することができます。この値は、AutoCADのByLayer設定値に似ています。要素を画層に配置すると、その要素では、その画層に割り当てられている色、線幅、線種が使用されます。

    各画層の線属性設定値を制御するには、「画層マネージャ」ダイアログボックスを使用します。DWG作業モードでは、「線属性」は常に「ByLevel」に設定され、上書きは実行できません。