MicroStation CONNECT Edition Help

DWGブロックを使用した操作

MicroStationで開いたDWGファイル内のブロックは、共有セルと同じように動作します。

ここでは、MicroStationでのブロックの操作について説明します。次のことが可能です。

DWGファイルのセルライブラリとしてのアタッチ

DWGファイルは、セルライブラリとしてDGNファイルまたはDWGファイルにアタッチすることができます。個々のDWGブロックは共有セルに変換され、モデルに配置することができます。

セルとして使用可能なDWGファイルの指定

構成変数MS_BLOCKLISTを使用して、セルとして挿入可能なDWGファイルの一覧を指定することができます。この場合、DWGファイル全体の要素が共有セルとして配置されます。

セルライブラリへのブロックのエクスポート

キー入力コマンドEXPORT CELLS SHAREDを使用して、DWGファイル内のブロック(または共有セル)を新しいMicroStationセルライブラリにエクスポートすることができます。

マルチビューブロック参照の操作

Autodesk Architectural DeskTopで作成されたマルチビューブロック参照では、MicroStationの複合セルと同じような方法でビューごとに異なるブロック定義が表示されます。MicroStationでは、モデルの一般的な2次元または3次元表現によって、これらのプロキシエンティティが表示されます。ほとんどのプロキシエンティティは自動的にロックされ、修正することができません。一方、マルチビューブロック参照は、標準のMicroStationツールを使用して移動、回転、拡大縮小することができます。

このような動作を無効にするには、構成変数MS_DWGNODIRECTPROXIESを設定します。この変数を設定した場合は、プロキシエンティティのグラフィックまたは境界ボックスのみが表示されます。