MicroStation CONNECT Edition Help

グローバルポジショニングシステム(GPS)デバイスとMicroStationの連動

MicroStationには、グローバルポジショニングシステム(GPS)デバイスへのインターフェイスが用意されています。グローバルポジショニングシステム(GPS)は地球の軌道上にある複数の衛星で構成されています。GPSデバイスは、これらの衛星からの無線ナビゲーション信号を受信し、信頼性の高い位置情報をコストなしで連続的に全世界規模で計算します。GPSの詳細については、http://www.gps.gov/を参照してください。

MicroStationでは、位置、ヘッディング、速度、時間、補正タイプ、および補正特性を示すNMEA(全米船舶用電子機器協会)形式文(または文字列)を送信するシリアルプロトコルを使用してGPSデバイスを認識しています。

GPSデバイスは、標準のシリアルケーブルをシリアルポートに接続するか、仮想シリアルポートを生成するBluetooth™プロトコルを介してコンピュータと接続されている場合に検出されます。Bluetoothデバイスが使用されている場合には、使用されている仮想COMポート(COM 8など)をメモしてください。また、任意のGPSポートに接続可能なGarminの専有プロトコルを使用したGarmin™ USBデバイス(GPS 18 USBなど)もサポートされています。サポートしているソフトウェアは、WindowsのPlug-n-Playプロトコルによってロードされます。

MicroStationでは、GPSの入力タイプとしてWindows位置情報サービスもサポートしています。Windows位置情報サービスでは、携帯電話の基地局やワイヤレスネットワーク位置データベースなど、GPS以外のソースから位置情報を取得することができます。Windows位置情報サービスはGPSに特化したサービスではなく、また同サービスではGPS衛星の配置や信号の強さに関する情報は提供されないので、「グローバルポジショニングシステム」ダイアログボックスの「ステータス」タブは表示されません。

GPSデバイスとの送受信を開始する前に、まずアクティブなモデルの地理座標系(GCS)を選択する必要があります。